Ganassi, Rolex24で勝つ
2011.02.01 Tuesday 07:05

アメリカの最も長い耐久レースは最終1ラップという短い距離で勝敗が決まった。
Scott PruettがチームメイトのScott Dixonを押さえて優勝。
Ganassiは12カ月の期間、合衆国で最も大きい4つのレースで優勝したい唯一のカーオーナーとなtった。 彼のドライバーは、昨年、デイトナ500、インディアナポリス500、およびBrickyard400を獲得している。



結果はこちら http://paddocktalk.com/news/html/story-152262.html
2011 Rolex 24 At Daytona - Final Results
Daytona International Speedway
Daytona Beach, FL
POS CAR CLS DRIVER Last-Lap Behind Team
1 01 1 Scott Pruett 720 2:36.047 Chip Ganassi Racing with Felix Sabates BMW/Riley
2 02 2 Scott Dixon 720 2.070 Chip Ganassi Racing with Felix Sabates BMW/Riley
3 9 3 Joao Barbosa 720 2.326 Action Express Racing Porsche/Riley
4 23 4 Martin Brundle 720 3.135 United Autosports with Michael Shank Racing Ford/Riley
5 10 5 Max Angelelli 719 1 LAP SunTrust Racing Chevrolet/Dallara
6 76 6 Ricardo Zonta 719 1 LAP Krohn Racing Ford/Lola
7 6 7 AJ Allmendinger 718 2 LAPS Michael Shank Racing with Curb/Agajanian Ford/Dallara
8 55 8 Christophe Bouchut 717 3 LAPS Level 5 Motorsports BMW/Riley
9 5 9 Darren Law 716 4 LAPS Action Express Racing Porsche/Riley
10 60 10 John Pew 705 15 LAPS Michael Shank Racing Ford/Riley
11 95 11 Richard Westbrook 702 18 LAPS Level 5 Motorsports BMW/Riley
12 67 1 Andy Lally 684 36 LAPS TRG Porsche GT3
13 48 2 Bryce Miller 683 37 LAPS Paul Miller Racing Porsche GT3
14 40 3 Joe Foster 680 40 LAPS Dempsey Racing Mazda RX-8
15 99 12 Alex Gurney 678 42 LAPS GAINSCO/Bob Stallings Racing Chevrolet/Riley

| nfh39 | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | - | pookmark |
2013年、Ford MustangがCupに?
2011.01.30 Sunday 23:42
  たとえFordモータースポーツ部門ディレクター、Jamie Allisonが2013年NASCAR Sprint CupシリーズにMustangで参戦することに言葉を濁したとしても、Fordがその方向で綿密に検討していることは明らかだ。
 「我々はNationwideシリーズでの成績に満足しています。実に満足です」とAllison。「マニュファクチャーの個性を出し、モータースポーツとレースの中でMustang以上に明らかな車はないでしょう。そのことはNASCARでMustangが走ったときに実に明らかになりました。我々はNationwideシリーズでのMustangの影響力と、レースカーにマニュファクチャーの個性を引き出しすか、見守り、追いつづけるしだいです。そして、Cupシリーズにどの車種で参戦するか決定するつもりです」



Sporting News)
| NFH | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | - | pookmark |
片目の視力を失った人生についてJ. Roushが語った
2011.01.30 Sunday 00:01
 Jack Roush氏は昨シーズン終わりには新しいあだ名「one-eyed Jack(一つ目Jack)」に ユーモアを見出していた。しかし、今二つ目に戻る。
 Rouschは7月27日の飛行機事故以来、左目の視力を失っていた。昨年の感謝祭のころ、義眼を入れたのだ。
 「義眼の調子は上々です」と木曜日のSprint Media TourでRouschは語った。「炎症も起こしていませんし、何の問題もありません。9年前に少しだけ整形をしていますので、そこは少し腫れるくらいです」とRoush。「受けた手術後の問題もないですし、夜もよく寝ていますよ。きちんと機能している目のめがねの度も悪くないですし。ひとつの目の生活に慣れてきましたよ」
 2011年以降のドライバーラインアップについて質問された際、慎重に言葉を選ぶことはなかった。Carl Edwards, Greg Biffle、そしてDavid Raganが今期で契約終了を迎える。Roushは3人すべてのドライバーと契約更新することを”予測”していると語った。
 「昨年すでにDavidとも、Carlとも、Gregとも話を始めています。Mattとはすでに更新しました」とRoush。「しかしながら、私、Jack Roushはドライバーと交渉の際は、表舞台で場を仕切ることはないのですよ。私はドライバー自身に集中と注意を払います。コマーシャルバリューや競争力ではなく、我々がレーストラック上での競争率の高さを向上させるために企業として何ができるか、を検討します。
 事実としては、私自身はドライバーとの交渉時期を知りません。Steve Newmanやほかの担当者たちがしっかりとやってくれているので、私が理解している必要がないからです。私が何かに署名をしなければならないときや、提示案の中に変更する必要があるときだけ、私がかかわるわけです。それまでは私は幸運にも何が起こっているのか知らないのですよ」
 いままでの成績を見て、Raganの将来は今後のパフォーマンスにかかっている。
| NFH | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | - | pookmark |
NFLとの摩擦を懸念。シーズン後半の開始時間を変更
2011.01.29 Saturday 22:47
  NASCARは昨年、レース開始時間を統一したが、今シーズンは下がり続ける視聴率対策としてこのルールの見直しを検討している。特に最後の三分の一のNASCARレースはNFLキックオフと時間帯が重なるのを避けるため、グリーンフラッグの提示時間を遅くすることになる。
 FOXがほぼ放送することになっているレースシーズン前半戦は従来通り午後1時に開始となるが、後半戦9月から11月の間は午後2時にグリーンフラッグが提示され、シーズン終了間際のTexas戦およびPhoenix戦は午後3時スタートになる。
 シーズン最終戦、Homestead-Miami戦も午後3時スタートの予定。
| NFH | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | - | pookmark |
Indy 500/Coke 600のダブル参戦にボーナス
2011.01.29 Saturday 22:33
  IndyCar CEOであるRandy Bernard氏がMemorial Day(戦没者記念日)の終末に開催されるthe Indianapolis 500とNASCAR Coca-coka600戦の両戦に参戦するドライバーにボーナスを出すと言う提案はすでに数ヶ月の間公的に知れ渡っている。
 提案は同日の両イベントで勝利を収めたドライバーに対し2千万ドルのボーナスを、どちらかの1戦で勝利を収めた、もう1戦トップ5でレースを終えた場合には小額のボーナスを与えると言うもの。
 Bernard氏が夢に描いていたドライバーの内の一人は今年は、あるいはこの先もずっとこの提案に参加しないと語った。
 IndyCarに一度も乗ったことがないNASCAR Sprint Cupチャンピオンを5回獲得しているJimmie Johnsonは家族との理由から参加を断るとした。
 Kasey KahneやJuan Pablo Montoyaがこの100回目記念を迎えるIndy 500戦に名乗りを上げることをBernard氏は期待している。
 今シーズンのCup戦には参加しないSam Hornish Jr.はIndyへ復帰することを語ってはいない。
| NFH | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | - | pookmark |
NASCAR MEDIA TOUR
2011.01.29 Saturday 05:59
2011年1月24日から1月27日までノースキャロライナ コンコルドで開かれたNASCAR MEDIA TOURの模様のダイジェストを写真にて紹介。

NASCAR MEDIA TOUR
| nfh39 | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | - | pookmark |
契約更新を済ませてしまいたいEdwards
2011.01.28 Friday 20:44
  Sprint Cupシリーズにて今年、契約終了を迎えるCarl Edwardsは2008年の更新時のようにすばやく更新をし、レースに集中したいと語る。08年はJack Roushと5月2日に契約更新に合意していた。
 「すぐに終えてしまいたいですね。そうすれば勝つことに集中できるから。それが一番重要なことだからね」とEdwards。
 Edwardsがオプションを探すことはまず間違いないだろうが、今まで収めてきた成功を振り返るとRoush Fenwayに残留し、契約を更新する可能性も高い。
| NFH | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | trackbacks(0) | pookmark |
2011ルール変更要約および追記
2011.01.27 Thursday 21:56
 ・Chase参戦ドライバーの残2席はポイントスタンディングトップ10外のドライバーで最も勝利数のドライバー2名に与えられるが、そのドライバーはトップ20内でなければならない。同勝利数の場合、よりポイントの高いドライバーが優先される。

・10位以降に勝利を収めたドライバーがいない場合、ポイントスタンディング11位および12位のドライバーがChase戦に参戦となる。

・ワイルドカードドライバーは勝利に対するボーナスポイントは発行されず、基本ポイントの2000ポイントからChase戦を開始。以前のルールではポイントは5000ポイントにリセットされ、各勝利につき10ポイントのボーナスが与えられていた。

・ペナルティも新しいポイントシステムに適応できるよう見直しされる。昨年課されたペナルティのいくつかは150ポイントの減点であった。

・予選が天候不順のため中止になった場合、レースに参戦できるドライバーは従来のルール(ポイントトップ35、過去のチャンピオン、レース勝者など)が適応になるが、ラインアップは練習走行の記録をもとに決定。

・レースに参戦できなかったオーナーに対してのポイントは発行されないが、NASCARは挑戦していると言う事実を記録に残す。

・トップ35ルール(ポイントがトップ35位以内のドライバーは次戦に自動的に参戦が決定)に変更はない。

・レース開始時間に対する発表なし。
| NFH | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | trackbacks(0) | pookmark |
2011シリーズの新しいルールが発表に
2011.01.27 Thursday 12:34
 NASCARは水曜、Chase for the NASCAR Sprint Cup参戦資格に対しワイルドカードの設定を加えたこと、そして、2011シーズンのポイントシステムを簡易化することを明らかにした。これにより、ファンたちやドライバー、チームがより簡単にシステムが理解できることとなる。
 Chase参戦可能なドライバー数は12名と変更はないものの、最後の2席はポイントではなく、Chase戦前の26戦で最も勝利数を納めたドライバーに提供されることとなる。
 カットオフ戦となる第26戦終了時点でのポイントトップ10ドライバーはそのままChase戦への参戦資格が与えられるが、ワイルドカードとなる11位と12位のポジションはポイント10以内に入っていないドライバーのうち、ポイントが20位以内に入っているドライバーで最も勝利数の多いドライバーに与えられることとなる。
 トップ10Chaseドライバーたちには最初の26戦で収めた勝利ひとつにつき、3ポイントのボーナスポイントが与えられる。ワイルドカードドライバーはchase戦を11位もしくは12位から参戦し、勝利数に対するボーナスポイントは与えられない。
 NASCARチェアマンおよびCEOを勤めるBrian France氏はNASCAR Sprintメディアツアー中に語った。
 「ファンにとって勝利とはとても大きな位置を占めています。そこで我々は継続性の重要性と勝利の重要性をひとつにするポイントシステムを導入することにいたしました。Richmondでの26戦目を迎えるまですべてのレースが重要になります」と語った。
 すべてのシリーズに適応となる新しいポイントシステムは各順位につき1ポイント差しかつかないこととなる。例を挙げると、NASCAR Sprint Cupシリーズで勝利を収めた場合、43ポイントおよびボーナスポイント3ポイントを獲得することになる。勝者はリードラップを走ったボーナス1ポイント、最多リードラップを走ったボーナス1ポイントを獲得することもでき、最大で48ポイントを獲得できる。
 各順位とのポイント差は1であるため、2位は42ポイント、3位は41ポイントと獲得でき、最下位43位でレースを終えたドライバーは1ポイント獲得になる。NASCAR Camping World Truckシリーズでは36チームしか参戦しないため、最下位のドライバーは8ポイント獲得となる。
 「多くの献身的なファンたちでさえ、従来のポイントシステムを十分理解してはおりませんでした」1975年以来利用されてきたポイントシステムについてFrance氏は語った。「そこで我々はポイントシステムを簡易化し、簡単に理解できるようにします」

 そのほか、明らかにされたルール変更は以下のとおり。

シリーズの選択:3大ナショナルシリーズに参戦するドライバーはどのシリーズでチャンピオン争いをし、ポイントを換算するのか選ばなければならない。ドライバーズポイントを換算しないシリーズであっても、ドライバーは多数のシリーズに参戦し、オーナーズチャンピオンシップ獲得に貢献することはできる。これはNationwideシリーズやCamping World Truckシリーズに参戦する若く才能あふれるドライバーに注目するためである。

予選方法の変更:予選出走順は練習走行での記録がもっとも遅かったチームから始め、最速記録のドライバーが最後に走ることになる。

雨天時の予選: 悪天候のため予選が中止になった場合、レース開始のラインアップは練習時のスピードによって決定される。練習走行も天候不順でキャンセルになった場合のみ、ポイントでラインアップが決定となる。

タイヤルールの変更:NASCAR Sprint Cupシリーズチームは練習と予選のために提供されるタイヤセットを現行の6セットから5セットへ変更。練習/予選タイヤセットを1セット保留することはできるが、レース様態やセットを受け取るためにはGoodyearに未使用のタイヤを返却すること。レース用タイヤの提供数は過去の統計を元に変動する。

クローズドループフュールシステム:NASCAR Camping Word Truckシリーズにてすでに使用されているシステムをすべてのナショナルシリーズに導入。より実用的なフュールシステムを使用し、最も危険とされているキャッチカンマンの役割を排除。チームのピット作業には7名ではなく6名で行うことができる。

NASCAR Sprint Cupシリーズカーに個性:NASCARはこれからも各マニュファクチャーとチームと協議を重ね、Sprint Cupシリーズの車に個性を持たせる。新しいフロントとボディデザインで参戦しファンたちを魅了し、各マニュファクチャーの特性を出す。
| NFH | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | trackbacks(0) | pookmark |
天候不順場合の予選に変更の可能性
2011.01.26 Wednesday 03:49
  予選が雨天のため中止になった場合の、出走順をオーナーズポイントの順位にするという手順に変更があるかもしれない。
 複数の情報源によれば、予選が雨天のため中止になった場合、出走順位を練習字のスピード順にするという新しいルールへの変更をNASCARは検討していると言う。予選の出走順位は現在、くじ引きで決められており、オーナーズポイントの高いチームから順にくじ引きをしている。
 水曜日、チェアマンであるBrian France氏が発表すると見られている新しく検討されているルールでは、オーナーズポイントがレース出走順になる唯一の状況は練習および予選が雨天にて中止になった場合のみとしている。
 またNASCARはポイント制度を43-1フォーマット(1位-43ポイント、2位-42ポイント・・43位-1ポイント)の適応を検討している。
| NFH | 2011 NSCS NEWS 1月 | - | trackbacks(0) | pookmark |
←back 1/5 pages next→
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
緊急災害募金
Countdown to Next Race
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM